忍者ブログ
最近半ば強制的にアニメを大量に見ているので感想でも書いていこうかと開設したブログ
[14] [13] [7] [8] [12] [11] [10] [9] [5] [4] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


刀語(かたながたり)全12話を見ました。

リスナーさんのオススメで見始めたのですが、なんと1時間アニメの全12話
2クール分の長さがあるので思いの外見るのが大変でしたw
しかしまぁ、なんというか、大河ドラマですね。
ストーリーも良く、最後まで面白く見させていただきました!

+ + + + + + + + + +
最初の印象では、絵が個性的なので正直微妙だと思っていたのですが
主人公鑢七花(やすりしちか)の声優細谷佳正(ほそやよしまさ)の演技がとても魅力的
そのおかげで、全話通してクールでありながら面白いセリフ回しが飽きないアニメでした

先代が島流しにされそこで生まれ育って20年、世間知らずの七花の元へ
奇策士と名乗るとがめ(田村ゆかり)がやって来て、刀を集める旅に七花を
雇うところから始まり、その後は日本各地に散らばった因縁有る刀を11刀集める旅をする
という、いわゆるロードムービー的なアニメ。

全話通して時代劇の様相を呈していて、さながら新春の大河ドラマ
テンポは良く七花ととがめの掛け合いは見事なものです。
もちろん刀を奪うのも全て力ずくバトルアニメというわけではなく
戦略や知略があったり、情や想定外ということもあり、飽きずに見られました

しかしまぁ、よく喋るアニメだこと。セリフが多いのなんの。
1時間のアニメの大半の時間を説明口調のセリフが占める上、会話の節々には
現代語とは違う言葉遊びが多く、リアルタイムに全て理解しながら見るのは難しい
幕末の頃の地名や、四字熟語の乱用など、子供が見たら恐らく呪文に近いレベル
しかも旅の動機や戦闘の目的などが大いに語られるため、理解しないと
なぜ戦い始めたのか、なぜ旅をしているのか、などが解らず付いていくのが難しい

大河ドラマを普通に理解しながら見れる人には何の問題もないけど
いまどきの若い人には時代劇の言葉回しを乱用されても
「風情」しか伝わらないんじゃないかなぁ・・・
そういう意味では難易度の高いアニメだったかもしれません

作画は見ての通り芸術的な感じ。
まわるピングドラムや、まどか☆マギカのバトルシーンほどではないものの
時代背景をしっかり写した背景描写や、浮世絵っぽい世界観はカッコ良かった

ただし、とても残念なのは人物のデザインや衣装デザインが短絡的に感じてしまったこと
キャラデザはどちらかと言うと「絶望先生」みたいに単調なタイプ
それが個性ではあるんでしょうが、時代劇の顔ではないかとw
そんなせいもあって、ある程度キャラ萌えしないと魅力的には思えないかも
表情はある程度豊かなんですけどね。

私も最初は「なんてテキトーなキャラデザなんだ」と思いましたが
数話見ているうちにスグ慣れてしまい、絵柄よりもキャラの個性に感化され
逆に魅力的に感じるように。田村ゆかり演じるとがめには萌えさえ感じる程になりました

しかし敵方や味方問わず、あっさりした絵柄なので時代劇の重さに置いて
「サムライチャンプルー」や「無限の住人」といった、過去の時代劇作品と比較しても
逆に「モノノ怪」みたいな不思議な世界観というわけでも無いので物足りなさは否めません
これも新しいタイプのアニメということでしょうか。

絵柄やデザインへの不満は少々なのですが、動きへの不満は結構ありました
アニメの大半を占める会話シーンにおいては、はじめの4話辺りまではちゃんと
目パチ口パク、アングル変更、アニメーション動作といった作画が行われているのに対し
後半に行くにつれ「手抜きと思われる静止画のパーン」が増えたのが残念

キャラのパーンは目をフレームインさせないところで止まり目パチをサボったり
後ろ姿の立ち絵で背景とキャラが微妙にスクロールするだけの映像だったり
わざわざ口を扇子で隠して口パクすらしない始末(当然目パチもない静止画)
それでもその間、声優は延々と説明口調でしゃべっているという感じ
声優の努力で違和感を感じないシーンは多かったものの
やはり静止画が多かったのは残念な印象です。予算なかったのかなぁ・・・。

そういった作画の残念な所で致命的なのがバトルシーン
前半は頑張ってた。まるで格ゲーの様に戦い、よく動いていたのが後半は紙芝居
というよりスライドショーかな。時代劇アニメでは殺陣が見どころだと思うのに
とにかく後半は残念だった。風まかせ月影蘭くらいでいいから
ちゃんと動いて欲しかったなぁ。

とまぁ、作画での不満はあるものの
他に悪いところはこれといってなかった。原作はよほど面白いんでしょうねぇ。
声優さんの演技も良いし配役も悪くなかったと思います。
なにより池田昌子さんによる最高に艶っぽいナレーションは特筆すべき点だと思います

ストーリーもいいし、萌もエロもバトルもちゃんと有り、動機も目的も申し分ない
音楽もいい、絵から伝わってくる世界観も素晴らしい、間やテンポ、構図や配色もいいし
キャラデザや作画の不満を除いては完成度の高いアニメだと思います

まぁ12話といいつつ24話分の長さがあるので見るのに少々時間がかかります
しかも最後の12話であんなことが起きるなんて・・・^^;

その結末を良いとするかは見てる人次第なのかなぁー?w
私は若干心残りではありますが^^;

興味ない人がわざわざ時間をかけて見るほどのものかというと多少疑問もw
でもじっくりストーリーを楽しみたいアニメファンは見ても損はないと思います
PR
このブログは?
新旧問わずお勧めされたアニメを片っ端から拝見し、メモ代わりに独断と偏見による個人的な感想を一方的に書き綴っていくブログです
PR
AD広告なので気が向いたらポチってねw
ブログ内検索
アンケート!
忍者カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) ネタバレ注意!私の視点でみた感想 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]