忍者ブログ
最近半ば強制的にアニメを大量に見ているので感想でも書いていこうかと開設したブログ
[28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [19] [21] [18]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
正確にはFate/stay nightというアニメからのスピンオフ作品で
1期がFate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 全10話 2013夏アニメ
2期がFate/kaleid liner プリズマイリヤ ツヴァイ! 全10話 2014夏アニメ
月間コンプエース原作のTVアニメ

あー、これは面白いアニメですねw 人気出た理由がわかりました。
しかーし!通してみてみた結果、このアニメは・・・

若干上級者向け!

であることが判明w
まぁその辺も踏まえて私の見た視点での感想を・・・。


+ + + + + + + + + +
今回見たアニメであるプリズマ☆イリヤは
左の画像のFateシリーズのスピンオフ作品
ということなのですが
私のFateの知識は「セイバー」くらいで
内容は全く知らない常態です。

「Fateって何だよ」と思う人も
居るでしょうが、私は見てないので
全く分かりませんw

まぁ、フェイトというアニメがあって
そのアニメの「脇役キャラに人気出た」ので
その脇役キャラを主人公にしたアニメを
作ったという話だそうですが
見てない、というか乗り遅れている
私にしてみれば、元の作品
見るべきか悩みました。
本当は、Fateシリーズを見てからのほうがキャラ立場がわかり楽しめるんでしょうけど
まぁ、完全なスピンオフ作品ですから、予備知識無しでも成立している必要があると考え
それでもちゃんと面白く無いとダメだと思ったので、敢えて、予備知識無しで見てみました。

したがってFateシリーズを見ていない事が前提の感想なので
シリーズファンの方はツッコミ入れたくなるかもしれませんがご了承下さいw
それと、理由は一番最後に書きますが、現時点では2期であるTweiの話は
あんまり触れないようにレビューしています。
しかし、このFateの絵と、上のプリズマ☆イリヤの雰囲気がだいぶ違うのが気になるw

で、見た感じのあらすじですが・・・

誰なのか全く説明がない魔女のねーちゃん2人が突然争ってるシーンから始まりますw
魔女のねーちゃん達は偉大な魔術師の弟子になるべく
魔力が込められたカードを7枚集める為に、ロンドンから日本に来ます
しかし、二人の持つ魔法の杖には意思があり、杖は喧嘩ばかりの2人に呆れてしまい
それぞれ2人の魔女の元を離れてしまいます

その後、杖であるマジカルルビー(cv高野直子)は
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン(cv 門脇舞以)と
マジカルサファイア(cv 松来未祐)は美遊・エーデルフェルト(cv 名塚佳織)を
それぞれ杖自身の意志で、偶然出会った小学校5年生の2人の少女を新たな持ち主と決め
ある日突然魔法少女になってしまうというエピソードから物語が始まります

まぁ、ちょっと無理有る設定ですが、魔法少女アニメのほとんどは
その大半が、なんの脈絡もなく、ある日突然魔法少女になることが多いんですw
最近では、美術館の警備バイトの一般人の兄ちゃんすら、なんの脈絡もなく
バイト代と勘違いして落ちてるコインたまたま拾ったという理由だけで
仮面ライダーなれる時代ですし、深く考えることはないと思いますww

「ある日、突然起きる偶然」というのは史上最も優秀な使いやすいキッカケなのでしょうw
まぁ、大抵あとから「必然で運命だった」という展開になるんでしょうけどねw

で、タイトル通り主人公はイリヤで、ミユは正直何者か解らないという設定のもと
偶然魔法少女になってしまったせいでやむなく、魔女2人と協力しながら
命をかけたカードを回収する戦いへ巻き込まれていく
という、典型的な、現実寄りファンタジー、魔法少女バトルアニメ。

1期は分かりやすく言うとこんな感じ。
うん、まぁ、設定だけ見るとみごとにカードキャプターさくらですw

冒頭から現れる魔女2人ですが
気が強く傍若無人な性格をした遠坂凛(とおさかりん)cv植田佳奈(うえだかな)と
典型的な高飛車お嬢様、ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルトcv 伊藤静(いとうしずか)

このアニメ・・・
登場人物が一部薬品の名前みたいですw
ドイツ名とかなのかな?

で、この2人が恐らくFateで活躍した人物なんでしょうけど何故魔女なのかは
作中一切触れていませんので、おそらく・・・

Fateシリーズを見ろ!
ということでしょうw

だから、私はこの割りと重要そうな登場の仕方をした2人の魔女が何者なのか
全くわからないまま見ていましたが、2人は杖を持って戦闘するわけではないので
普通の人がちょっと魔法使う程度。わりとどうでもいいポジションでした。
敢えて言えば・・・

戦闘シーンで石なげる程度でした。
戦いで敵の情報とか助言したりはするんですけどねw
まぁ、後半になって初めて若干役割が出てきます

で、その杖、無限の魔力供給が可能という意識の有る魔法の杖を受け継いだ
イリヤとミユがヒロインとして、二人を中心にストーリーは進行していきます。

作画をはじめ、背景もモーションもテンポや間、アングルやシーン展開
BGMや、声優の演技などなど、とにかく全体的にクオリティが高く
バトルシーンの迫力はアニメ史上でも比較的上位
なのではないでしょうか?

エピソードの山場では度々ド迫力になり、バトルの殺陣モーションや魔法の威力表現
シーンの重さという意味では、鋼の錬金術師ママンを合成するシーン
とある魔術の超電磁砲の御坂とアクセラレータのバトルシーンに匹敵するほどの
迫力があったと思います。(ちょっと大げさかな・・・?)

というのも「偶然魔法少女になっただけ」の少女なのに
それぞれ戦う度に、何かしらの「重い戦う理由」を上手く描いており
一生懸命戦う少女らに感情移入させられてしまうアニメでした。

登場人物は多くないものの、キャラデザやコスデザ、性格設定も含めてとても魅力的で
それぞれの役割や、心理描写、世界設定や魔法に関する設定が、深く細かい割に
あまり触れていないためか、明確で分かりやすく、とても見やすい内容でした。


キャラは多くないんですが
個人的に好きになったのは
やっぱイリヤなのかなぁ

若干気が弱い主人公なので微妙な所
そのせいで主人公でありながら
自分が物語のキーマンでした

友達間のトラブルや
魔力の暴走といった問題を
起すのも、それを解決するのも
殆どこのイリヤ自身で

周りは結構振り回される印象


もうちっとポジティブだったら個人的にもっと良かったんだけど
ある程度活発なんだけど若干内向的で、心理ボイスシーンが多かった。

すっごい気の小さいカードキャプターさくらの、木之本桜みたいな印象で
この子が居ないと物語が成立しないくせに、この子だけで成立しちゃうくらい
殆どのエピソードはイリヤを中心に進行しました。

ただ、バトルシーンだけじゃなく、日常シーン、萌えシーン、お笑い回もしっかりあり
話数ごとのバランスが良く、全体的には飽きずに見れるアニメで評価は高いと思います

しかし、その反面、1期2期共に、ほのぼの回から始まりイリヤが
無意識に何らかの問題起こし、バトルが始まるが、イリヤが若干孤立した結果
自己解決して一念発起して参戦し、最後にバトルして解決
そしてまた学園モノほのぼのアニメ回という流れが繰り返されていたため
振り返って考えると展開にパターンがあったため、先が読みやすく
展開においては後半若干飽きを感じました。
まぁある種の王道展開で、言い換えれば安定していたという感じでしょうか。

というのも、明確な伏線やフラグが無く、バックストーリーがほとんど有りません
敢えて言ったとしても「この先2人はどうなるの?」くらいで
数話ごとに来るガチバトルの理由意外のストーリーがほぼ無ため
全体内容は意外と薄い感じ。

その点、同じ魔法少女モノでもまどマギは宇宙の創世に絡んでいたり
カードキャプターさくらは日々のカード回収とは別に、魔術師クロウの歴史に絡んだ
壮大な物語が裏にあったりしたので見応えがあったんですけどね。

まぁ、カードを集めていく事、意外のストーリーがほとんど無くても
どうやってカードを集めていくかという作戦展開は気になる作りになっていますし
全部集めるとどうなるか、というのもストーリー上では一切触れていないので
先の展開は気になる作りになっています

恐らくFateシリーズを見ていればもう少し裏設定を知ることが出来るんでしょうけど
そういう意味ではプリズマ☆イリヤ単体では、壮大なバックストーリーがある
という訳でもなく比較的単純で分かりやすい可愛い魔法少女バトル
純粋に楽しむアニメという印象でした。

その為、楽しんで視聴するには、ある程度のキャラ萌えが必須だと思います
そこでキャラクターなんですが、まぁ、なんというか・・・。

やっぱり若干上級者向けだと思いますw

ヒロインの2人は小学校5年生ということで、等身低め。
目が大きく、頭が大きく、胸はペタンコ、華奢で腕は細く、知能は低め。
とまぁ、典型的なロリキャラですw
何度もイイますが・・・

私はロリではないのです!!
いや、百歩譲ってロリは認めるが、なんか、なんかこうじゃないんです!!><

プリズマ☆イリヤも近年の萌えアニメに習って
大人の事情により湯気やオブジェが邪魔な風呂シーンは多いですし
バトルシーンでは度々、ケンシロウとは違うパターンで
大人の事情により見たいところだけが見えないように衣装だけが破けますw
変身シーンも何度か出てきますが・・・・


 
(小5)

私がこの歳になって
これに萌えたら
いけない気がするんですw


うん、まぁ、可愛いっちゃ可愛いのは間違いないんですけどね。
何かというと顔を赤らめ、怒っても可愛いというキャラクターは
斜め上から見てる分には可愛いです・・・。


男性キャラはなんだかんだで実質兄だけの1人という偏りなので
百合展開も多々有ります

が、私は小学生の百合展開で萌えるほどの上級者ではないため
あんまりガチな百合展開が起きると引いちゃいます^^;

正直2期のTweiで起きるこのシーンは・・・・

(小5)ネタバレかもしれないんでモザイクかけときましたw

正直、ちょ!何やこれ^^;
小5が主人公のアニメでこの演出って、うーん、正直ちょっと引き気味w
まぁ最近グロアニメも多いし、地上波アニメって頑張ってるよねぇw
まぁ、引いちゃう辺り、個人的にこのキャラ設定で薄い本は無理なのです^^;
そういうわけで、私ロリじゃないよね?w
普通はこんなことされたらガチで怒るだろw 絶交もんだと思うが・・・。
まぁ、魔法の力と言ってしまえば何でもアリだしなあ^^;

ですが、そういう展開が大丈夫、むしろサイコーという上位上級者
純粋に萌えアニメとしてもウケがいいのは間違いないんでしょうw
バトルはガチなのに、そういう展開も有ることが「若干上級者向け」
「上級者向け」と判断した部分の理由ですw

まぁ、私も好きなキャラデザでは有るんですが、2期の上のシーンも含め
年齢設定上、仕草や表情に若干「視聴者をキャラ萌えさせよう」としている
製作サイドのあざとさを感じるシーンが多々有り、そういった
わざとらしい萌え展開に気がついてしまうと、逆に萌えきれない感じも少々ありました。

そんなこんなで私は、可愛いんだけど幼すぎ、という印象が大きい上に
たまたま魔法少女になっただけなのに、生死を賭けたガチの戦いをするという
キャラ設定とストーリー上のギャップに多少なりとも違和感を感じてしまい
まどマギに似た現実味の足りなさを感じた割に、まどマギとは違い
バックストーリーの浅さのせいで物語としては深くない印象。

普通小5の女の子があんな風に命がけで戦えるかねぇ?
まぁアニメだと言ってしまえばそれまでなんですが
だったらもっと、ウィッチクラフトワークスみたいな魔法ファンタジー
もっと言えばプリキュアおジャ魔女的な軽さのほうが
違和感なくていいんじゃないかなぁという気も若干しました。
言ってみれば、重さが中途半端な印象です。

しかしこれと言って重いテーマがないキャラ可愛いだけの日常系萌えアニメとは違い
個々のエピソードにはドラマチックな展開が多いので
あんまし深く考えないで見る分には完全なキャラ萌え有りきではない気もします
その点が「上級者向け」「若干」が付いた理由です
これについては個人差があるので本当に若干かどうかは見て判断してみてください^^;

でもまぁ、魔法少女は一生懸命戦うので個々のエピソードは面白く見れるんですが
ほんとに神展開していくストーリーという訳でもないので、見終わってから感じたのは
「おお~凄かった!」ではなく「あ~終わったか。で、次は?」という感じでした。

まぁ、でも面白いといえば、おもしろかったですよ!

オススメ度合い的には、今まで書いてきたとおり
幼すぎ、とか、バックストーリーが壮大じゃない、とか
好みの問題などは人により色々有るとは思いますが
大きく悪い点は特に無く、むしろ全体的にクオリティは高いです

萌え好きや、上級者であれば、私が言うまでもなくオススメできるアニメでしょうし
どっちかというと萌えアニメ寄りでは有りますが攻殻機動隊シリーズ
サイコパスといった大人向けシリアスアニメ好きでも、単純で分かりやすく
熱いストーリーにスリルある展開、高いクオリティで書き込まれた戦闘シーンが有るため
全く見れないということは無いと思うので

そういった諸々の結果「アニメ好き」という人全般にオススメできます

ただし、何度も言いますが、若干上級者向けですので
そうした人が、見ていくうちに、慣れてしまった結果
最後まで見れてしまった場合は・・・・

間違いなくレベルが3くらい上がりますw

慣れによって強制的に上がってしまうと思われますw
これにより、一歩上級者に近づくことが可能です!w

上級者にはなりたくない、という方は視聴を控えましょうwww
オレはそんなの気にしねぇ、面白い作品なら見たいという方は

見ることをおすすめします!
一緒にレベル上げましょうw

最後に一点、ネタバレ、ではないと思うんですけど

2期のTweiの最終話時点では、物語が完全に途中で終わっています
最終話の最後では3期制作決定と公表されるのでまとめて見たい方は
3期始まった頃に、1期から見るのも手だと思います。

普段からまとめて見るようにしてると
すんげー面白い超大作だった場合、どうしてもブームに乗り遅れちゃうんですよね
まぁ、いつ見るも、見るも見ないも自由ですが3期4期と続いていくアニメには
やっぱり面白いと感じる何かあるんだと思いますよ。
そういう意味ではやっぱりオススメ作品だと思いますよ!



ところで・・・・

あの魔法の杖、マジカルルビーとマジカルサファイヤは
動きが若干ところてんっぽいよね?w

ぐにゃぐにゃして持ちにくそうだけど
ぶん殴った時に遠心力で
威力がイイカンジになりそうですw

ちょっと寄生獣思い出しましたww
PR
このブログは?
新旧問わずお勧めされたアニメを片っ端から拝見し、メモ代わりに独断と偏見による個人的な感想を一方的に書き綴っていくブログです
PR
AD広告なので気が向いたらポチってねw
ブログ内検索
アンケート!
忍者カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) ネタバレ注意!私の視点でみた感想 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]