忍者ブログ
最近半ば強制的にアニメを大量に見ているので感想でも書いていこうかと開設したブログ
[24] [23] [22] [19] [21] [18] [17] [16] [15] [14] [13]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


10/06の雷神こばちゃんねる放送後、店内の会話で「見ないとダメだ」とまで言われ
「グラスリップみたいなアニメ」意外言いようのない「新ジャンル」を確立するほどの
意味不明アニメと聞き、たまらず帰宅後から一気に全部見ましたw

しかし、凄い面白いじゃないですかw
え、これみんな意味解らないの?なんで?^^;

若干ネタバレ多めなので、これから見ようという方は
続きを見ないようにした方がいいかもw

+ + + + + + + + + +
こばちゃんねる放送後、夏アニメの話題になり
見てないならこれを見てみるといいよ、と言われたんです。

聞いた話では
開始早々告るし、恋愛アニメしてはすぐに決着するから普通の恋愛アニメではないそうで
バトルも無いし超能力やSFでもファンタジーでもなく日常系でもゆる系でも萌えでもない
夏休みの間だけの物語の為、学園ものでもなければ歴史物でもギャグでもない・・・。
どのジャンルに属するアニメかと問うと帰ってくる言葉が

新ジャンル:グラスリップ
と言われましたw

特にギャグも萌えも無くシリアスのまま延々と続き
「何か起きるの?」と思わせておきながら何も起きずに終わる
と、他の人も口をそろえて言いましたw

分かりやすく言うと・・・

「ストーリーが無い」
「何も起きない」
「どうしてこのアニメ作ったのか良くわからない」
「何が言いたいのか全く理解できなかった」

と、聞いていたので覚悟して見始めました。

「きっと他のみんなはアスペで深いところが読めないんだ!オレが教えてやる!」
「どんなにつまらなくても最後まで見切ってやる!」

とまで覚悟して見始めたんですが2話以降・・・・



本当に何も起きなかったw




まぁでも、皆さんにさんざん敷居を上げられたせいか、もっともっとつまらなくて
単調で見どころが全くない意味不明なアニメだと思ってたんですが
個人的には、言われたほどつまらなくなかったし
何をしたいかわからないアニメでもなかったという印象。
というかむしろ結構面白かったくらい。

殆ど純粋な青春恋愛アニメで、転入生をキッカケに仲良し5人組内の一人の心が揺らぎ
ヒロインの深水透子が人知れず昔から悩んでいる原因不明の幻覚(未来視?)と
同じ様な症状を持つ転入生に惹かれはじめ、その結果仲良し5人組の仲が割れ始め
複雑な人物関係になっていくという、王道展開の多角関係青春恋愛アニメでした

そうですね・・・印象としては
さすがP.A.WORKSと言わんばかり。全話通して作画は素晴らしく背景も人物も見事。
このブログで過去にレビューした「凪の明日から」の様にとにかく美しい映像でした

映像だけにかんしては、田舎感や空気感を考えると、むしろ名作と言われる
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」の方が近いと感じました
勢いこそ皆無ですが、その雰囲気に同調するようにBGMはクラッシク調がメインで
忙しくないストーリー展開と全体的な雰囲気から落ち着いて見ることができました。

声優さんは比較的新人さんが多めのようですが、若手すぎて下手という印象はなく
どちらかというと「ジブリ映画っぽい自然な演技」で個人的には好印象

アイドル声優のような抑揚とアタックの強い大げさな言い回しではないので
さらっと言うセリフはこのアニメにあっていたと思います。
どちらかと言うとアニメのアフレコではなく海外ドラマのアテレコを聞いてるようで
とても自然な演技は最近のTVアニメでは新鮮な感じを受けました。
まぁその反面、感情表現の幅が狭かったのでドラマのようなシリアスさが目立ち
近年のアニメと比較すると全体的に華が無い感じになってたのは
ちょっと残念かもしれません

でも深水透子、cv深川芹亜(ふかがわ せりあ)さんの声はかなり可愛いかったです

グラスリップでは主役ですが、これ以外では「生徒A」みたいな名前もない脇役ばかりで
今年デビューしたような超新人さんみたいですが、私はこのタイプの声最近好きです
演技の幅が増えれば今後、花澤さんみたいになる可能性も秘めているかも?
お陰でヒロインの透子はとても可愛く演出されていました。声優効果は大きいです!
声フェチの私は、個人的に要チェックかもしれませんw

キャラ同士はいくつかのペアになって物語が進行するのですが
それぞれがあまりにも!あまりにも!絡まず、それぞれが個別に恋愛話を進めていく。
このアニメぶっちゃけ言えば、転入生とヒロインだけで良かったんじゃないかと思うほど
「仲良し5人組と転入生」という設定が無意味に感じました。
まぁ、恋愛禁止だった仲良し5人組が、恋愛しはじめるキッカケに転入生が入って
かき混ぜたわけなのですが、もっと絡んでドロドロにした方がよかったのかも?

それと、恋愛アニメですからフラれたりOKされたりする訳ですが
だれも泣かず、だれも後悔せず、だれも歓喜しませんw ちょっと赤くなるくらい。
これは確かに新ジャンルかもしれませんw

なので全体的に淡白で、それでいてシリアスに淡々とストーリーが展開していきます
13話通して見た結果、まぁ一応その6人に変化はあるのですが
それが青春の過程での成長でもなく、苦しい恋が実ったという程でもなく
ストーリー自体が薄い印象。もうすこし深みが欲しかったかもしれません

で、それをカバーするように、細かなエピソードやインサート、カット割りが多いんですが
話の展開に関わる進展エピソードと、雰囲気やキャラ作りをするためのエピソードの区別が
非常につきにくく、ストーリーに全く関係のない不要と思われる様な
雰囲気だけのカットが全体的に数多く散りばめられているため
ぼんやり見ているだけでは、どれもこれもフラグにしか見えません。

おそろしい数の伏線をばら撒いた挙句なにも回収されずに終わってしまうと感じるのは
そのためだと思いました。

全く違うアニメとして、ちょっと想像して下さい。

例えば
「体の弱いヒロインがベッドで横になっている片隅で疲れ果てて眠っている主人公」
そこに、カットインで「窓の外の枯れ葉が落ちる」といったシーン。
視聴者はこれを「何かのフラグだ」と思ってしまいますよね。

もしこのシーンがこのアニメの場合、この「枯れ葉が落ちるカット」は
何の意味ももたずただの雰囲気作りであり「秋だから落ちた」と言わんばかりの
フラグでもなんでもないため、その後ヒロインが死んだり主人公が窮地に陥ることは
全く有りませんw

もっと言えば、戦友に「オレ!この戦争が終わって国に帰ったら結婚するんだ!」
とほざいておきながら何事も無く帰国し結婚する展開をそのままアニメにした感じですw

そんな、意味不明の「フラグと思われるようなカット割り」がそれこそ
無数に散りばめられているため、見ていると「この先きっと何か起きる!」と
思ってしまうのですが、ほとんどは何も起きずに終わります。

永宮幸(本が好きな子)は、あれ、死ぬだろ!

死なないにしても瀕死くらいになると思うよな?思ったよね?ww
普通あんだけフラグばら撒いたら何か起きるだろw
山登りの時はもう、ある意味「ドキドキハラハラ」しっぱなしでしたよw
そして、突然視聴者にとって、大問題が起きましたwww

いきなり雪景色、ヒロインと転入生の立場が逆転してるシーンから入り
脈絡もなく話が始まる。これは、どんなに注意深くストーリーに注視していても
殆どの人は鳩が豆鉄砲を食ったような顔になると思いますw


な、何が起きたんだ!?w


これは予想以上の展開!私も色々考えました。

夢落ちか?過去なのか?未来なのか?もしも話か?

どんなに考えても、人物関係の辻褄が合いません、若干パニック状態のまま
話は進行し、わけがわからないまま、20分位が経過した頃にようやく
「な~んとなくわかったけど、よく分からんが、もう終わっちゃう」
「きっと次話で回収してくれるだろう」と思うわけです。
店長はこれを「パラレルワールド」と表現していましたねw

これも完全回収はされませんでした

なんだろうな、視聴者に判断を委ねる、という方式なのかな
そもそも、あの幻覚?未来視?は何なんでしょう。
どこから来て何をもたらしてどういう結末を迎えるんだろう、と
ワクワクしてみていると・・・

ヒロインのオカンが最後の方に一瞬だけ、一言だけ大事なことを言います
ほんと10秒位で全13話、全てにカタをつけてしまう究極のセリフを言うんですが
それを交えて私が出した結論では・・・単純に






遺伝的先天性幻覚障害者の恋愛物語
だったのではないでしょうか?www



もうね、結論これしか出ませんでした^^;
それなら全てにおいて「ああ、そうか、なるほど」と思える訳ですが
誰も病んでないですし、躁でも鬱でもなく、ストーリーもキャラも
世界観も音楽も起承転結も含めて全てにおいてとらえどころが無いアニメでした
みなさんはこのアニメをどうとらえたのでしょう?w

1話から13話まで、解説も説明も殆ど無いので
もういっそ全て「仮想世界だった」でもいいくらいの内容でした
取りようによってはドラマ仕立ての電脳コイルか、カノフラか、まどマギか。
というほどです。あんな超展開ひとっつもないんですけどねw

不思議ですw

とまぁ、突っ込みどころは満載のアニメでは有るんですが
さすが新ジャンル、見終わってみたらそれなりに面白かったという
これまた不思議な印象です

このレビュー自体ネタバレを控えて書きたかったのですが
どんなアニメか、を伝えるためには、このくらい書かないと
なんにも伝わらないという、非常にレビューが難しいアニメでした

まぁ、、、敢えて言えば、強いて言えば、ですが
富山が舞台のアニメ作品の「True tears」ぽかったのかなぁ・・・
 
でもあんなに暗く病んでないしなぁw
過去に本当に似たようなアニメは私の記憶では思い当たりません。

ということで、私が言われたように、このアニメは
新ジャンル、グラスリップを確立したと思いますw

今後似たような「全てが平坦で何も起きないアニメ」が出たら
ジャンルはグラスリップ型、で通じると思いますww
そういう意味も込めて、見といたほうがいいと思いますよw


最後に


個人的には妹の深見陽菜(ふかみひな)が性格も良く
空気も読み、活発で一番可愛かったですw

これは決して私がロリだからではない!
陽菜が一番可愛いと思ったのは私だけではないはずだ!w

陽菜でスピンオフ作品作ってもいいくらい可愛かったんだけど
この子の恋愛ストーリーとか出てほしいなぁ




このアニメを見てつくづく思ったんですが、まだまだ、アニメは底が知れませんね
今後どんな「見たこと無いアニメ」が出てくるんでしょう
ますます日本アニメ界の未来が楽しみになりましたw
PR
このブログは?
新旧問わずお勧めされたアニメを片っ端から拝見し、メモ代わりに独断と偏見による個人的な感想を一方的に書き綴っていくブログです
PR
AD広告なので気が向いたらポチってねw
ブログ内検索
アンケート!
忍者カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) ネタバレ注意!私の視点でみた感想 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]